POP!?URAL + another

お芝居観劇が好きなので、感想なぞ。
基本ネタバレありです。ご了承ください。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
音楽劇「瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々」

観劇日:2016/10/8(土)
劇場:草月ホール

 

板垣さんの演出ってやっぱり好きだなぁーって改めて思ったお芝居でした。

何というか、いろんな感情がゆっくり人の心に染み込んで行く作品作りというか・・・。

 

このお芝居はタイトル通り瀧廉太郎とその周辺の人々のお芝居です。

実際にこんなやりとりされてたかどうかはわかりませんが・・・、1つの仮説としてこのお芝居は面白かったです。瀧廉太郎も、荒城の月ももちろん名前は知ってたけど、彼が若くして亡くなったこと、晩年は決して幸せだったとは言えなかったことなどを初めて知りました。音楽発表の機会を取り上げられていたことに正直ビックリ。あんな天才なのに・・・!

 

周囲も自分自身も「天才」だと思っているしわかっているからこそ、その責務を果たすために苦悩する姿に思わず泣けました。辛いなぁ、あれ。「ならお前が変わってくれよ!何で俺なんだよ!」という叫び、言う方ももちろん辛いだろうけど、言われる方は地獄だ。どうにもできないもんなぁ。

 

時々挿入歌として歌われる唱歌ですが、やっぱり良い曲なんだなぁと思いました。普段歌うわけじゃないし、正直学校の授業でしか歌ったことないような曲ばかりですが、こうやって改めて聴くと心に染み込んできます。

懐かしいって感情が生まれるのは、何でなんだろうね?

 

役者さんも皆さん良くて、とても良い作品だと思います。再演多いの納得。

 


*iPhone6s

| ストレートプレイ | 16:51 | comments(0) | - |
エリザベート

観劇日:2015/7/10(金)
劇場:帝国劇場

 

7月は久々に観劇しまくりの月ヽ(´ー`)ノ 幸せ。
とはいえ、7月に入って仕事が急激に減るなんてことはないので、観劇予定の無い日にひたすら詰め込む日々。大変だが、劇場に足を運ぶために私は頑張るぜ。

で、東宝ミュージカルのエリザベート観てきました。キャスト一新、新演出ですって。
話題としては日本で初めてエリザベートを演じた元宝塚娘役トップの花總まりがもう1度エリザベートを演じることでしょうね。



*iPhone5s

花總まりはチケット取りづらいだろうから、井上芳雄トートと尾上松也ルキーニだけに焦点を合わせて観に行ってきました。なので、エリザベートはもう1人の蘭乃はなさんです。この人も元宝塚娘役トップさんですね。ずーっとヅカトップ男役さんがエリザベートを演じていたので、娘役さんが演じるのは不思議な感じ^^


*iPhone5s

破壊力ある歌声にビックリしたよ(゚Д゚)

ええええええって素で声が出そうになったよ。そこで?そこで裏返る?という・・・。
元々シシィに共感できないなーと思っていたこの作品、彼女のシシィは破壊力ある歌声もあってか余計に共感できず、何ていうかイラっとするヒロインだったなぁ・・・。
新演出の「わたしだけに」の滑り台も何なの、あれ。

その他キャストは新たな発見もあったりですが、どうも私は新演出よりは旧演出の方が好きみたいです・・・。
面白かったけどね。


*iPhone5s

改めてミュージカルは歌唱力と演技力が重要だなーと思ったのでした。

| ミュージカル | 16:22 | comments(0) | - |
歌舞伎NEXT「阿弖流為」

観劇日:2015/7/15(土)  2015/7/26(日)  2015/10/11(日)
劇場:新橋演舞場 大阪松竹座

 

注意:すげー長くて痛い。

もし「今まで観てきた全てのお芝居の中で最も好きな女性キャラは?」と聞かれたら、「立烏帽子(・∀・)!」と即答できます。
「最も好きな新感線のシーンは?」と聞かれたら、「立烏帽子の見せ場(・∀・)!」と即答できます。
「新感線史上最高だと思うラブシーンは?」と聞かれたら、「立烏帽子と阿弖流為(・∀・)!」と即答できます。

初演の「阿弖流為」で立烏帽子を演じた西牟田恵さんが大好きだったということもありますが、立烏帽子の全てが私にとってツボすぎた。初演初めて見た時、立烏帽子が切なくて切なくて、2回目以降は全てのシーンを立烏帽子目線で見てしまってひたすら泣いた。
私のお友達の人気ブロガーさんが「最高のラブシーンだった」と言った時に、「ああ、そうだ、だから切なかったんだ」と納得したものだ。「好きだ」とも「愛してる」とも言うでもなく、抱き合うでもキスをするでもなく、ただ殺しあうだけなんだけど、それでも阿弖流為と立烏帽子のシーンは美しいラブシーンだったと思う。美しくて切なくて頭痛くなるくらい毎回泣いた。

だけど、立烏帽子はメインキャラではあるがヒロインではない。(ヒロインは水野美紀さんが演じた鈴鹿という役)

今年、この「阿弖流為」を歌舞伎で再演すると聞いて心臓の動悸がやばかった。新橋演舞場で暮らすにはどうしたらいいものかと真剣に計算した。しかも染五郎さんと勘九郎君と七之助君だよ、すげーよ。豪華すぎだよ、何だそれ。
染五郎さんは初演同様の阿弖流為だろうし、勘九郎君は坂上田村麻呂、七之助君が鈴鹿だとして、立烏帽子は誰だー!!と思っていたところですね。配役見たわけですよ。

 

阿弖流為:市川 染五郎
坂上田村麻呂利仁:中村 勘九郎
立烏帽子/鈴鹿:中村 七之助

 

( ゚Д゚)!!

まさかの立烏帽子ヒロイン昇格!!
七之助君が立烏帽子とか!まじか!うわあああああああああ(軽く崩壊)
鈴鹿とも書いてあるけどそんなことより立烏帽子。(←ひどい)

で、ポスターです。

 



*iPhone5s

立烏帽子美しいーーーー!!!!!(どこまでも立烏帽子目線)

で、観に行ったわけですが、立烏帽子と鈴鹿を七之助君1人で演じるということで「どうなるんだろ?」と思うシーンは山のようにあったのですが、全てが神演出で見事に収まっていた。初演の時に地味に不満で毎度DVDですっ飛ばす釼明丸とかのシーンが全カットされていて、面白かったわけですよ。
七之助君が演じた立烏帽子は鈴鹿がMIXされていたから、初演の「凛々しい立烏帽子」だけじゃなくて「可憐で可愛い」が加わっていた。それはもう可愛かった。立烏帽子だけじゃなくて鈴鹿も死ぬほど可愛かった。
切なさが200%増しくらいになってた。切なすぎて私が死ぬかと思った(;ω;*)

そのシーンでの七之助君がやばすぎた。可憐で可愛い声と、おそらく地声?と思われる男性の声を瞬時に使い分け、荒ぶる神と阿弖流為を求める可憐な女性が混在して、最期に阿弖流為の頬に触れようと手を伸ばすのだけれど、その頬には決して触れることができないっていうもう何なんだあれ、ああああああ(号泣)
あまりにも号泣して涙で舞台が見えにくくなってしまったけれど、久々に「今まさにこのシーンを観ていられる幸せ」を噛み締めていて、「涙で見えないとかもったいない!」と必死で頑張りました。幸せだった。

で、そのシーンがどうしてももう1度見たくて大阪まで行ってきたヽ(´ー`)
それなのに抗いがたい睡魔に襲われた

ヽ(´ー`)ノ解せぬ。望まぬ形での号泣。
いや、疲れてたんだと思うのですよ・・・。

まぁ、そんなわけで立烏帽子というか七之助君だけ熱く語りましたが、阿弖流為はもうひたすらかっこよかったです。阿弖流為も立烏帽子も、滅びゆく者の悲哀だよね。
そして勘九郎君演じた田村麻呂ですが、やばかった。かっこよすぎた。っつーか体幹すげぇ。(←そこですか)
でも立烏帽子+鈴鹿になったことで、何か田村麻呂が逆に切なくなってしまったね。まぁ初演は阿弖流為が切なすぎたからいいのか・・・しら・・・。

他にも蛮甲も熊子も素晴らしすぎたし、阿毛斗が最後生き残ったのも本当に良かった。ああ、もう他にも(略)

この芝居を観れたことを心から良かったと思っています。そして、あのキャストで観れたことも本当に良かった。
特に七之助君の立烏帽子に出会えたことが本当にすごい宝物だった。ああ、でも勘九郎君も・・・。
願わくばゲキシネまたはシネマ歌舞伎で、そしてBlu-rayで・・・。(そしたら立烏帽子見せ場シーンだけエンドレスになりそう・・・)

いよいよ大楽。おめでとうございます。

ちなみにTwitterで「阿弖流為」「アラハバキ」で検索すると、多くの方が私同様に七之助君の立烏帽子(=アラハバキ)への熱い愛を語っておられますw
「立烏帽子」で検索するとなぜか「鮭リレー」のことばかり語られている

| 劇団☆新感線 | 16:16 | comments(0) | - |
SHINKANSEN☆RX「Vamp Bamboo Burn〜ヴァン !バン!バーン!〜」

 

観劇日:2016/8/28(日)・2016/9/14(水)
劇場:赤坂ACTシアター


注:相変わらず痛くて長い。そしてネタバレ全開。

先日、SHINKANSEN☆RX「Vamp Bamboo Burn〜ヴァン !バン!バーン!〜」観てまいりました(・∀・)

当初は1回だけの観劇予定でしたが、お友達が誘ってくれたので、予定外に2回観ることができました。

結果・・・観れて良かった・・・!お友達、マジありがとう!!!


*iPhone6s

SHINKANSEN☆RXらしく歌がたっぷり。ライブ観ているようなそんな楽しい感じ。そしてクドカンらしく、まー何ていうか良い感じで適当ですw いろいろつっこみたいところが無いわけではないですが、まぁいっか!みたいな気になります。

2回目がそれはもう素晴らしい座席で、どれだけ素晴らしいかっていうとかぐや姫栄子のヅラ線が見えるレベルの席でしたよ!ヅラ線見えてもかわいいよ、かっこいいよ栄子(*´ω`)

そこで改めて思ったのは、生田斗真テライケメン( ゚Д゚)!

いや、前々から美形だと思ってましたが、あそこまでイケメンだとは思わなかった。

それなのに、何で藤志櫻は「かっこいい」ではないんだろう・・・w

いや、かっこいいんですよもちろん。特にラストシーンとかすっごいかっこいいし、あ、そうだタイトルコールは歴代新感線作品の中でもかなり上位なレベルでかっこいいんですけど、何だろうそれでも「かっこよくなりきれない愛しさ」みたいなそんな感じっていうかw ほっとけないキャラではあるんですよね。

存在感はすごいのに、何だろうあの残念さ。

まぁ、だから藤志櫻はあれで良いのかも。

ちなみにビジュアルについて「セフィロス」とか「トート」とか言われてたようですが、私はセフィロスに1票。

そして中村倫也さん。正直知らんかった。初めてこの作品で存在を知りました。

そして、竹井京次郎に見事に落ちた。

あちゃー(*ノД`*) 正直、立烏帽子と1位を争えるレベルで好き

いや、だってね。かぐや姫の憎しみ、悲しみ、怒り、全てを担ってるんだよ。つまりはヒロインですよ。

もともと阿弖流為の烏帽子が好きな私ですよ、荒ぶるヒロイン超好き。

そして殺陣すごい、踊れるのすごい、歌もうまい。演技もすごい。

何者、この人。

私、イケボな役者さん好きなんです。特に怒ってるというか絞り出すような怒りとか悲しみとかの声がかっこいい人が好きなんですが、でもただ怒ってるだけじゃダメでちゃんと緩急ついてないとダメなんですけど、そういう意味でもこの竹井京次郎は凄すぎた。いろんな声出せてすごいと思った。

最後に京次郎がボロボロ泣いてるのも好きだったけど、蛍太郎が徳山君(←お前も何者だw)と融合しちゃって狙撃されたニュースのところで、振り向いた時のあのなんとも言えない表情。あれ大好き。すっごい悲しくて怒ってて鋭い視線で。観ていて胸締め付けられるあの表情。でも衣装はチームHOBOKATA。それでもかっこいいってすごい。うむ。

最後の藤志櫻と京次郎の戦いは悲しいね。斬られる京次郎はどこかで「これで楽になれる」という思いがあるかもしれないけど、これからまた1,000年でも待とうとする藤志櫻はどんな思いなんだろうなぁ・・・と。

あと何がすごいって、京次郎がガッツリガッチリすごいヒロインを演じきったあとで、それを受けて少しも見劣りすることなくかっこいいヒロインを演じる小池栄子さんですよ。京次郎→アリサで少しも途切れることなくちゃんとかぐや姫なんだよなぁ。藤志櫻も京次郎とアリサで違いを見せているわけではないので、きちんと「かぐや姫」って中身が好きなんだろうなーと思えるので、どこかで「また会えた」喜びもあったのかな?と思わせてくれるラストでした。

それにしても最近いのうえさんはあの重心低い戦う向かい合うシーン好きですね。

あと「この後どうなるんだろう?」というところで終わるのは「乱鶯」もそうでしたが。

中島かずきさんはわりときちんと終わらせる人なんで、もしかずきさんが書いてたら藤志櫻とかぐや姫のラストはどうだったんだろう?と少し思いますが、まぁ、この作品はあのラストでいいんだろうな。

ところで・・・。京次郎が涙ながらにいかに蛍太郎のことを好きだったかを叫んでましたが。あれって普段の蛍太郎をちゃんと見てたってことだよね?ずーっと蛍太郎のことを好きだったってことですよね?

そうすると、あの合コン三昧ですが・・・。あれって、単に蛍太郎に会うための口実ってことか?合コンやれば藤志櫻が来る、藤志櫻が来るってことは付き人の蛍太郎も来る・・・ってことで、それで毎晩蛍太郎に会いたいがために合コンやってたのかな?と思うと・・・

泣ける(´;ω;`)

そりゃー恨むわ。そんだけ好きな人を殺されたら。

でも、まぁ、それもこれも、藤志櫻が劇中で言ってたとおりで・・・

虫麻呂が全て悪い。

本当、お前何のために藤志櫻の血を吸ったんだよw 単に劣化してたからじゃんか。

虫麻呂のためだけに人生狂わされた人々・・・かわいそうにw

キャストは本当に皆さん素晴らしかったです。

蛍太郎君の彼はキラキラしてて、若いってすげーなーって思いました。だがしかし、徳山君がまだ21歳ということに衝撃を覚えてる次第です。

あんだけクセのあるキャストの座長として、生田斗真さんは素晴らしかったと思います。

藤志櫻のキャラがなんかクセになるわ(*´Д`*)

面白かったなぁ。早く映像化してほしいなー。

 

 

| 劇団☆新感線 | 14:54 | comments(0) | - |
 1/1